民法819条(単独親権制度)改正を求め共同親権・共同監護制度の導入・ハーグ条約締結の推進と活動を行っています

自民党法務部会

自民党法務部会 家族法制のあり方検討プロジェクトチーム 提言

出典:自民党ホームページ

法務部会 家族法制のあり方検討プロジェクトチーム 提言

法務部会の「家族法制のあり方検討PT(プロジェクトチーム)」は、6月21日に提言を古川法務大臣に申し入れました。提言は、父母の離婚後の子の養育については「子の最善の利益を確保するため、子を真ん中に置いた議論をしなければならない」として、原則として、離婚後の父母がそれぞれ、引き続き、子に対して親としての責務を果たすため、離婚後共同親権(監護権を含む)制度を導入するよう提案しています。

法務部会 家族法制のあり方検討プロジェクトチーム 提言(PDF形式)

2022-07-29 (金) 17:57:19
a:107 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional